古来から、中国、韓国そして日本の三国は濃密に絡み合った歴史を重ねてきました。その三国が接する日本海は、文明の掛け橋として仏教を始めとした多くの進んだ大陸文化を日本へ伝える役割を担っていました。
今、北東アジアは先頭ランナーである日本に続き、ITで牙城を築く韓国、そして世界の工場であると同時に巨大な消費地となった中国等々、世界経済に大きく影響を与える地域になっています。
 アウトドアレジャーの醍醐味を世界中の人々に届ける為に、タカミヤはまずこの東アジア地域に地歩を固めます。

【韓国事業】

 三方を海に囲まれた韓国。釣りを愛する思いは日本人と同じはず…。1994年、当社は韓国タカミヤを設立し、現在は卸売り部門と釜山の鶴章洞にて小売店舗を運営しております。言葉や習慣の壁を乗り越え、韓国・日本両国の社員が一体となって、熱烈なポイントファンのお客様に支えられながら、将来の韓国全域への拡大を目指します。

韓国タカミヤのホームページ

【中国事業】

 見る間に大きく変貌していく中国。2007年、そのとてつもないポテンシャルを秘めた中国にタカミヤグループは拠点を築きました。広大な国土と13億人の人民を抱えるこの事業フィールドで、現地に密着した戦略を展開し、海を越えた信頼のネットワークを築いていきます。