本社 営業企画室 主任 2012年入社

 

道は求めたものに開かれる

 

 2012年の春、私は、中途社員として株式会社タカミヤに入社しました。

私が、株式会社タカミヤに辿り着くまでは、長い道のりでした。

 15歳でカナダに単身で留学し、現地の美術大学  (プロダクトデザイン科)を卒業。その後、名古屋の 企業に就職し、自動車部品の設計などを2年間行いました。仕事は順調でしたが、諦めきらなかった一身独立とデザインの道を求め、再びカナダへ。長年過ごした国で、再び新たな基盤を築くことに奔走しました。その矢先、実家の諸事情により道半ばにして帰国。以後、家業を手伝いながら、傍らで大工をしながらの生活を送ることに…

 そんな日々を過ごす中、出会ったのが、ポイントこと株式会社タカミヤでした。

 それまで、釣りに全く興味なかった私がエントリーを決意した理由は一つ。社内に内製デザイン部門がある、ということでした。確かに、自身に釣具経験がないことは不安要素でしたが、それまでに繰り返した挑戦と挫折を思えば、私にとっては新世界への門出のように思えました。

 まもなく、本社のデザイナーの一人として中途採用して頂きましたが、最初の1年間は、“釣り”とその業界学ぶということで、ポイント八幡本店にて勤務させて頂きました。その時驚いたのが、スタッフの質の高さでした。とにかく皆明るく、活気にあふれており、それまで抱いていた釣具店のイメージとは全く違っていた事です。

 正直、販売知識や釣具についても、ゼロから現場で覚えていく日々は困難の連続でしたが、いつも周囲のスタッフに助けられ、今日に至っています。今では、釣りは私の愛すべき趣味の一つです。

 現在では、これまで経験してきたことを糧に、本社のデザインチームの一員として、新店・改装店舗の店内演出や、販促資材、イベントポスターをはじめ、多岐にわたるデザイン業務を手掛けています。

まずは、お客様にとって“親しみやすく、愛されるポイント”を、そして、店舗スタッフにとっては“誇りに思えるポイントのブランディング”を第一に、日々デザインしています。

 ポイントは、日本の小売釣具業界の最先端ですが、まだまだ発展途上でもあります。だからこそ、やりがいがあります。今後も、業界トップクラスを目指していきたいですし、そのポテンシャルが、株式会社タカミヤにはあると信じております。

 道は、求めれば開けます。そのための努力を積むことで、認められ、力を貸してくれる仲間ができ、成果を上げることが出来る。そこで、また次への道が開かれる…。

この一歩一歩を、これからも楽しみたいと思います。


一日の生活

 

0830 【出社】

     メール確認・チーム全体で状況確認を

     行い、業務計画を更新

0900 【最優先事項対応】

     日々、店舗・本部内から依頼される

     業務や、企画する業務など、プライ

     オリティーを見極め、最優先事項から

     対応

1030 【確認業務】

     上司や担当者へのプレゼンや進捗報告を

     行い、修正・確定へ繋ぐ

1200 【昼食】

1300 【最優先事項対応】

     再度状況確認を行い、業務計画・優先事項を

     更新

1500 【制作資材発送確認】

     その日のデザインした制作物の、出荷までの段取りと確認

1630 【確認業務】

     上司や担当者へのプレゼンや進捗報告を行い、修正・確定へ繋ぐ

1700 【クロージング】

     チーム全体で状況確認・業務の整理・引継ぎ・翌日からの業務計画

1800 【退社】

プライベート

 趣味は、フェンシング・釣り(主にアジング)・創作活動・音楽鑑賞・映画鑑賞・海外旅行・料理・ドラムetc…。退社後も休日も、じっとしていることはありません 笑