本社・物流センターの統合「平成15年1月末」

経済環境の悪化や少子化による若年層の釣り人の減少等を踏まえ、経営の更なる効率化を求めて、平成15年1月末当社は本社を移転し、物流センターと統合しました。平成8年の物流センター完成以後、約7年間に亘って、物流部門と営業・管理部門が分かれていましたが、これを統合することによって、コミュニケーションの不足を補うと共に重複業務の整理等によって、業務が大幅に効率化されました。

一方、長い間、当社のシンボルとして地域の方々に愛されて参りましたJR八幡駅前の旧本社跡地は、駅前一帯が再開発によって「さわらびガーデンモール」として生まれ変わることから、隣接する当社跡地もそれと一帯となった形で、地域社会に貢献できる施設へと転換しました。

さわらびF&Cクラブオープン「平成17年3月」

旧本社跡地の利用について、地域からの要望や地元の声を伺うと、圧倒的に「八幡駅前に賑わいと灯りが欲しい」という声が多数でした。その中で、地元に貢献でき且つ八幡の駅前をもっと活性化できる施設ができないかということで、2005年3月、JR八幡駅前の大規模再開発に伴い、旧本社跡地に、若者から年配の方まで幅広い地域の人々が集える コミュニティーの場と健康増進を目指しフィットネス&カルチャーの「さわらびF&Cクラブ」をオープンしました。

 イメージキャラクターには、ソフトバンクホークスの川崎宗徳選手を採用し、最新の設備と最高のおもてなしで日本一のフィットネスクラブを目指しています。

人材創出センター「飛翔倶楽部」設立「平成17年5月」

タカミヤの求める人財づくりを考える上で、社員教育の必要性が求められるようになりました。タカミヤが求める「自主自立」「自己責任の精神」「企業倫理の醸成」「釣りの知識と技術」「問題解決能力」「ホスピタリティ」を含め、人間的にも社会的にも通用する人材育成をするため、平成17年05月人材創出センター「飛翔倶楽部(はばたきくらぶ)」を設立しました。

常時30名の宿泊設備完備し、各職位・階層に応じた集合研修を年間10回以上行う体制を整えました。

NIS(New Information System)稼動開始「平成17年8月」

平成10年4月の初代POSシステム導入から7年が経過し、店舗でのCS(顧客満足)を満たすには、更なる新しい仕組みが必要になってきました。そこで、店頭から製造工場まで、一気通貫の情報がリアルかつ双方向に飛び交うシステム構築を目指して、全社システムを刷新しました。NIS導入により、営業効率の改善はもちろん、リアルタイム経営、顧客満足度の向上、業務効率化と正確性の向上等、全社に亘るシナジー効果を目指しました。また、製販一体の新しい共同ビジネスプランや、生産・在庫の計画はもとより、新製品開発、物流の効率化も目指しました。